アフターピルと低用量ピル、どちらも同じピルではありますがアフターピルは避妊に失敗した時、低用量ピルはスケジュールを決めて普段から飲むものとして作られています。それぞれのピルの特徴や具体的な飲み方、おすすめのピルはどれか?などについて詳しく紹介していきますよ。

低用量ピルのノベロンはマーベロンのジュネリック薬

ノベロンはオランダの製薬会社オルガノン社が開発製造した低用量ピルで、日本では1999年に承認された「マーベロン」と同じ成分を持つジェネリック医薬品です。
ノベロンはエストロゲン含有量が少ないので、体に優しく日本でも頻用されています。
低用量ピルのマーベロンのジェネリック医薬品であるノベロンは、黄体ホルモンのデソゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含んでいます。
黄体ホルモンは排卵を阻止し卵胞ホルモンは子宮への着床を阻害することで妊娠を妨げることが可能です。
避妊用ピルとしてよく利用されていて、子宮口の頚官粘液などの成分を変化し粘度を高めることによって精子が侵入しにくいよう整えることができます。

ニキビや吹出物のお肌荒れにも効果があり、幅広い世代の人に利用されている医薬品です。
服用は21日間で休薬7日間の服用によって血中の黄体ホルモンや卵胞ホルモンの値を一定に維持することができ、その結果脳下垂体から分泌する生理的パターンが阻害され妊娠できない環境を整えます。
避妊効果は服用してから最低1週間の経過が必要で、避妊用ピル以外に月経痛(PMS)の緩和や月経不順の改善、子宮内膜症の改善や子宮がん・卵巣がんの予防にも効果があると認められています。
ホルモンバランスを整えるので、更年期障害などの治療にも利用することが可能です。

ホルモンを含有した薬なので、ホルモン治療をしている人やホルモン依存性の疾患を持っている人は服用できません。
使用・併用禁忌がいくつかあるので、事前に確認することをおすすめします。
長期間服用することになるので副作用に注意することも大切です。
ノベロンやマーベロンなどの低用量ピルを服用すると、避妊以外にも二次的効果を期待することができます。
避妊に利用している人や月経痛や月経不順の改善に服用している人は多く、子宮内膜症の予防や月経前症候群の改善などにもよく利用されています。
卵管炎などの感染症予防にも効果的です。

最大服用量は1か月で「21錠」

ノベロンは3週間服用と1週間休薬(月経期間)で1サイクル(28日間)になっています。
ノベロンの飲み方としては、月経初日から服用をスタートし、1日1錠一定の時間において決められた順番に服用します。
食前食後でも問題はありませんが、飲み忘れには注意が必要です。
月経1日目から服用でその日から効果があり、月経2日~7日目から服用で1週間後避妊効果を得ることができます。
避妊効果が発揮されない間は他の避妊法と併用すると良いでしょう。

避妊効果を維持するために飲み忘れしないことが大切で、もし飲み忘れてしまったら飲み忘れた時から24時間以内なら、気付いたタイミングに飲み忘れた分を服用しその日の分も飲んで大丈夫です。
その日は2錠飲むことになりますが、飲み忘れが24時間以上なら一旦服用を7日間中止しその後新しいシートの1錠目からスタートしましょう。
生理日を変更したいなら7日間休薬期間を置かずに新しいシートに突入すると、生理を遅らせることが可能です。

ノベロンは第3世代の低用量ピルでデソゲストレルとエチニルエストラジオールの2種類のホルモンを毎日摂取することによって、妊娠状態に近づき排卵せずに避妊効果を発揮できます。
1周期(28日間)で服用する21錠のホルモン量は一定なので、飲み間違いも少ないでしょう。
ノベロンは産婦人科でよく処方されるマーベロンのジェネリック医薬品です。
マーベロンと同じ成分で同じ効果を持ちますが、マーベロンより安く購入することが可能です。
ホルモン量が少なくなっているので、日本人の用量に合っていて副作用が最小限に抑えています。
ノベロンは避妊効果はもちろんホルモンバランスを安定することができ、月経痛や貧血の改善、月経不順の改善や経血の減少などの効果があり、子宮内膜症や更年期障害などを予防することが可能です。