アフターピルと低用量ピル、どちらも同じピルではありますがアフターピルは避妊に失敗した時、低用量ピルはスケジュールを決めて普段から飲むものとして作られています。それぞれのピルの特徴や具体的な飲み方、おすすめのピルはどれか?などについて詳しく紹介していきますよ。

低用量ピルの通販事情

買い物カートとキーボード

低用量ピルの処方が開始されてから、女性が自発的にできる避妊方法として低用量ピルの服用をする人の数が増えてきています。
日本では低用量ピルは薬局などで誰もが購入することができるものではありません。
もしも低用量ピルの服用を始めたいと思った時には産婦人科などの病院やクリニックを受診して医師の診察を受けてから、低用量ピルの処方をしてもらう必要があります。

そのため、低用量ピルを継続的に使用したいと思った時には定期的に病院やクリニックを受診する必要があります。
そうなると病院を受診する時間も必要になりますし、薬代の他に診察費用などもかかってきて負担が大きいと感じる人もいるようです。
実際に低用量ピルの服用を始めた人でも、受診する時間がなく服用を中断してしまったという人が大勢います。

そういった理由が関係しているためか最近では通販を利用して、低用量ピルを手に入れる人の数も増えてきています。
通販の場合には病院を受診する必要がなく、注文をしてから家に届けてもらうまで待っているだけで良いという手軽さが人気の理由のようです。

また通販の場合にはかかる費用が薬の代金だけになるために、受診して処方してもらう場合に比べて価格を安くお抑えられるということもメリットのひとつです。
しかし通販の場合には自分で購入する薬を決めたり、服用方法も自分で調べなくてはいけないので相談をしながら低用量ピルの服用をしたいと考える人は病院やクリニックを受診すると良いでしょう。

どちらの場合にしても低用量ピルの服用をする時には半年に1度ほどは血液検査などをして体の状態をチェックすることが必要になりますし、子宮がん検診を行うためにも産婦人科を受診する機会が出てきます。
また、もしも低用量ピルの服用中に体調に異変が起きた時にはすぐに病院を受診する必要が出てくることもあるので、かかりつけの産婦人科病院やクリニックをもっておくと、いざという時に受診をしやすくなるでしょう。

楽天等で買えないので、海外からの個人輸入が多い

低用量ピルを通販で購入する際にはどのような方法があるのかというと、海外からの個人輸入という方法を使って手に入れている人が多いようです。
低用量ピルは薬局で市販されている種類の薬ではないために、別の方法で購入をする場所を探さなくてはいけません。
海外では市販をされている国もありますが、日本では市販はできない決まりになっています。

通販サイトを利用する時に真っ先に思い浮かぶのは利用者の多い楽天やアマゾンですが、どちらも低用量ピルの取り扱いはありません。
楽天もアマゾンもたくさんの商品を取り揃えていますが、日本国内では低用量ピルの販売をしてはいけないことになっているために取り扱いがないようです。
国内で低用量ピルの購入ができるのは病院やクリニックのみで、医師の処方箋が必要になる薬だからです。

しかし、自分自身が使う分量だけならば海外から個人輸入をすることは許可されており、海外の製品であれば個人輸入をすれば低用量ピルが手に入ります。
この場合には自分自身でインターネットを使って海外のサイトに申し込みをしてもいいですし、個人輸入を代行している通販サイトを利用するという方法もあります。

海外で売られている低用量ピルは国内で処方されるものに比べて同じ薬でも安い価格で購入できることもあります。
また量が多く入っているものは1錠あたりの価格がかなりお得になっていることもあり、薬代を安く抑えることが可能です。

低用量ピルを初めて服用する時には病院で処方してもらい、慣れてきた頃に個人輸入に切り替えるという方法もあります。
自分のライフスタイルに合った方法で低用量ピルの服用を続けられるようにすると、途中で中断してしまうことなく継続して飲み続けられるでしょう。