アフターピルと低用量ピル、どちらも同じピルではありますがアフターピルは避妊に失敗した時、低用量ピルはスケジュールを決めて普段から飲むものとして作られています。それぞれのピルの特徴や具体的な飲み方、おすすめのピルはどれか?などについて詳しく紹介していきますよ。

生理痛を緩和させる為の低用量ピルとの付き合い方

毎月、生理痛に悩まされているという女性も少なくありません。
あまりに生理痛が強いため、寝込んでしまうという人もいるほどです。
生理時の辛い痛みを緩和したいという場合は、低用量ピルで治療を始めてみてはいかがでしょう。
ピルといえば避妊薬として服用する薬というイメージが国内では根強いですが、海外では様々な治療に用いられています。

生理痛緩和もその1つです。
生理痛は子宮内膜内に作られる物質、プロスタグランジンによって引き起こされます。
プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあり、いざ生理が始まるとプロスタグランジンが作用し子宮を収縮させ、経血を排出するという仕組みです。
プロスタグランジンの量が正常であれば、子宮を収縮する作用もさほど強くなりませんがプロスタグランジンが過剰に作られてしまった場合は、かなり強く収縮が起こります。
生理痛を改善するにはプロスタグランジンの量を抑えることが大切です。

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンと同じ作用をするホルモン製剤が含まれています。
服用することによって女性ホルモンの量を一定にキープできる薬です。
プロスタグランジンはプロゲステロンの分泌量が増えると、子宮内膜内に作られるようになります。
プロゲステロンは排卵後、急激に分泌量が増加するホルモンです。
低用量ピルを摂取すれば排卵がストップするので、プロゲステロンの分泌量も減り最終的にはプロスタグランジンの生成を抑えるという効果に繋がります。
大幅に生理痛を軽減できるので、痛みが酷い人は低用量ピルを試してみてはいかがでしょう。

ただ、ピルは副作用の症状が強く出る薬だと思っている女性も少なくないようです。
生理痛の症状を改善できても副作用を感じるようであれば元も子もありません。
低用量ピルはかなり副作用が起こり難いと言われています。
ホルモン製剤の含有量を抑えてあるためです。
副作用の心配もほとんど無いので、安心して生理痛の治療に低用量ピルを活用してみましょう。

休養期間も入れつつ毎日決まった時間に服用し続ける

低用量ピルで生理痛を緩和する場合は、正しい服用方法を守る必要があります。
間違った方法で摂取してしまうと、効果が出ない恐れがあるからです。
低用量ピルには休薬期間という期間を設ける必要があります。

低用量ピルは21日間分だけホルモン製剤が含まれています。
21日間服用を続けた後は残りの7日間、薬を飲まない休薬期間を設ける必要があります。
この休薬期間中に消褪出血といって、通常よりも量が少ない生理が始まるという仕組みです。

低用量ピルは1シートに21日分の錠剤が入っています。
21日間の服用を続けた後は7日間の休薬期間を経て、それから新しいシートの錠剤を服用するようにしましょう。
低用量ピルの種類によっては21日分にはホルモン製剤が入っていて、残りの7錠にはホルモン製剤を含まない偽薬があるタイプもあります。
本薬・偽薬合わせて28日間、毎日錠剤を飲むことになるのが特徴です。
21日間分だけ服用するタイプだと、再開する日を忘れてしまうかもしれないという人は、毎日服用を続けることになる28日タイプを選ぶと言いでしょう。

さらに低用量ピルは毎日、ほぼ同じ時間帯に服用することが大切です。
飲む時間帯が大きくずれてしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう恐れがあるためです。
朝起きた時や夜寝る前など自分で飲み忘れないような時間帯を作り、服用するタイミングを決めましょう。

この時、きっかり同じ時間に飲まなければいけないということはありません。
1時間から2時間程度の時間のずれであれば、さほど問題はないようです。
12時間以上、服用する時間が遅れてしまうと効果が落ちてしまうことが考えられます。
このようなことも踏まえて、低用量ピルは毎日、同じ時間帯に摂取するように心がけましょう。