アフターピルと低用量ピル、どちらも同じピルではありますがアフターピルは避妊に失敗した時、低用量ピルはスケジュールを決めて普段から飲むものとして作られています。それぞれのピルの特徴や具体的な飲み方、おすすめのピルはどれか?などについて詳しく紹介していきますよ。

緊急避妊薬ノルレボのジェネリック医薬品「アイピル」

アイピルはノルレボという緊急避妊薬のジェネリック医薬品です。
緊急避妊薬には大きく分けて2種類の薬がありプラノバールという中用量ピルとノルレボがあります。
ノルレボのほうが新しくできた薬であり、ノルレボが開発されるまではプラバノールがメインで使われてきましたが、現在はノルレボが多く使われているようです。

プラバノールとノルレボの大きな違いは服用回数でプラバノールは性交後に2回服用する必要があり、ノルレボは1度の服用で済みます。
また副作用の出やすさは個人差がありますがノルレボのほうが副作用が少ないと言われています。
ノルレボのほうが服用回数も少なくてすみ、副作用も軽いということでノルレボが多く使われるようになってきていますが、ノルレボのほうが新しい薬だということで、プラバノールよりも高価になるというデメリットがあります。

それでも使いやすさでノルレボを選択する人が多かったのですが、今ではノルレボのジェネリックができて価格を抑えながら効果は同じようにあるということで、ノルレボのジェネリックであるアイピルが多く使用されています。
アイピルはノルレボと同じ成分のレボノルゲストレルから作られており、高い避妊効果をもつアフターピルです。
レボノルゲストレルは黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと同じ働きをする女性ホルモンの一種です。
レボノルゲストレルを投与すると体の中の女性ホルモンのバランスが大きく変化して、黄体形成ホルモンを抑制して排卵が起きないようにしたり、排卵の時期を遅らせる作用が働きます。

他にも受精卵ができても子宮内に着床しにくい状態を作るという作用もあり、これにより妊娠を阻害します。
受精卵ができてしまっていても着床することができなければ妊娠を抑制することができます。
アイピルを服用した直後に黄体ホルモン量が増えるため、体内でできた受精卵が子宮に到達する頃には着床しやすい環境はすでに終わっているという状況を作り出せます。

緊急時に慌てて購入しても間に合わないので常備がよい

アフターピルは性行為の後72時間以内に服用する決まりになっていますが、これは体の中で受精卵が着床してしまってからでは、アフターピルを使用しても避妊効果が出ないからです。
アフターピルは妊娠をしないようにする働きはありますが、一度妊娠が成立してしまってからでは何も効果が出なくなります。
そのためには体の中で妊娠が成立する前に使用するということが成功率を上げるポイントになります。

アイピルなどアフターピルを使用しなくてはいけない時は予定外のことが起こった時がほとんどです。
例えば避妊方法としてコンドームを使用している時に、性行為が終わったらコンドームが破れていたということはよくあることです。
それ以外の原因としては無理やりに性行為を強要された場合や避妊を忘れて性行為をしてしまった時など様々な要因が考えられます。
そういった想定外のことが起こった時には、気付いてからできるだけ早くアイピルを服用すると避妊効果が高くなります。
妊娠をしている可能性があるかもしれないと思う時には迷っていても何も解決にならないために、もしもの時にはできるだけ早くアイピルを使用しましょう。

アイピルは薬局等で購入できるものではなく、医師に商法してもらう必要のある薬です。
そのため、想定外の出来事が起こってアイピルを服用したいと思ってもそれから産婦人科を受診していては時間が過ぎていってしまいます。
その間に妊娠が成立してしまっては、もうアイピルでは妊娠を中断させられません。
そのため、もしもの時に備えてアイピルを手元に常備しておくと、急に必要になった時にすぐに服用ができて、避妊効果を高めることができます。
緊急時に慌てないためにも、事前に常備をしておきましょう。